なにごとも起きることには意味がある

0
     夏休みの始め、次男坊が部活中、足を骨折しました

    その日は午後からゲリラ豪雨で、短時間ではありましたがすごい雨と雷で。
    そのせいなのか?どうなのか?は分かりませんが、体育館の床が濡れていたようです。
    で、バレー部の練習中…足を滑らせて変な転び方をしたみたいです。

    骨はぽっきり折れているのではなくて、竹をねじったときに縦に割れるじゃないですか。
    あんなかんじに縦に何本か亀裂が入っていました
    うわ〜治りにくそう〜

    と言うわけで、しっかりギプス君になってしまいました。


    あ〜あ夏休み…これじゃどこにも遊びに行けないね〜。

    でもね。これが学校のある平日だったら、それはそれですごく大変だし。
    夏休みどこにも行けない・・・んだけど、そもそもお兄が受験生なので、夏期講習で毎日忙しいし、家族で旅行とかも予定していなかったし。
    このタイミングでの怪我はラッキーだったかもよ?

    これが去年だったら・・・1週間ほどROTAへダイビング旅行に行っていた時期だからそれこそ!大変だったし。
    怪我をしたことはアンラッキーかもしれないけど、やっぱりよかった〜って思うわけ母は。

    それにね。
    いいことや悪いと思えることにも、必ず「起こる意味」があると思ってるんだよね。
    だからね、今回「骨折」という出来事は、君になにを教えようとしてるんだと思う?
    松葉杖を持っていると、手も不自由だから、誰かに色々なものを取ってもらったり、支えてもらったり、「お願いします」って頭を下げないといけないよね?
    これが「俺は怪我してるんだから、手伝うのは当たりまえだろ!」っていう態度でお願いすると、だ〜れも手伝ってくれないよ〜。だよね?
    だから「骨折」は君に「人に頭を下げること」と、そして「自分は周りの人にサポートされていることに気づくこと。そして感謝すること」を教えてくれているのかもしれないね〜。

    なんて 笑 
    最近反抗期で「自分一人で生きているんだ!」態度満々!だった次男に話しました。

    と言う私も…。
    次男が怪我をすることで、しばらくは色々と時間に制限ができましたが。
    折れた次の日、どうしても外せない用事(イベント出店を頼まれていました。急なキャンセルは主催者が困るだろうと思ったのです)があって、昼間外出しました。
    折たてほやほや〜の時はすごく痛いから、一番動きにくい時期だと知っていた(私も足骨折経験アリ)ので気がかりではありましたが・・・。
    次男が快く「いいよ」と言ってくれたので、思い切って行きました。

    夕方、帰ってくると、骨折の炎症なのでしょう。次男は38℃代の熱でクタ〜としておりました。

    一緒に居なくてごめんね。そしてありがとう。
    私もこの怪我を通して、今まで自分の好きなことを自由にできていたのは、家族が健康で、心も健やかで、そして時にはみんなが我慢をしてくれているからなのだ。
    と、気づき、感謝をすることを学びなさいよ。ということなのかもしれませんね。

    でもまぁもともと夏休みは母&主婦業優先で、講座はほぼお休みして、リクエスト開講にしているので、制限をされてもそんなに困らないのですが・・・。
    だからこそ!私にとってもこのタイミングでの怪我はラッキーでした。
    やっぱ守られてるな〜 

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック